貿易は初心者も働ける|貿易への転職や警備員のバイトをお考えの人に情報をお届け!したい仕事のメリットと探し方

貿易会社に転職するなら自分合う会社を探そう

貿易は初心者も働ける

男性

アシスタントとして活躍できる

初心者の段階でハイレベルな業務はお願いできません。この場合は、データ入力と確認といった簡単な作業から入る事になります。慣れてきたら徐々に業務を増やしていくといいでしょう。

こんな人が向いている

書類チェックが好きだったり、過去に海外留学経験者だったりすると業界未経験者でも採用される確率が上がりますよ。他にも国際が絡んだ仕事に興味津々の方も、楽しく働けるでしょう。

初心者向けの求人は沢山ある

未経験からブランクがある人向けの転職先は沢山あるので、諦めずに探してみましょう。条件や働く環境は整っていますし、先輩方も優しく教えてくれますのですぐに溶け込めます。働く年層が広いので、同年代と切磋琢磨しながら頑張れるでしょう。

仕事内容を比べてみよう

メーカーや商社の業務

主な仕事は海外とのやり取りと発注や受注の手続き、そして手配がメインとなります。他は、輸出に必要な書類作成を任される事もあります。経験者はもちろん、事務の経験が少しだけの人も覚えやすい業務内容です。スキルアップのためにまずはメーカーや商社から攻めてみましょう。

国際物流と船の会社

輸出入を中心とした業務内容ですが、貨物輸送の場合スムーズに運べるルートを提案する専門のコーディネーターというのがあります。取引先の会社との調整や交渉などを行ない、船を手配したり業務に欠かせない書類を作成したりなど、やることは沢山あります。語学力を始め、企業とのやり取りや調整力を磨ける絶好の環境です。

貿易事務で役立った資格

no.1

通関士の資格

誰でも気軽に受験可能なのが通関士の資格です。貿易関連の中で唯一の国家資格で、試験に合格し実際に通関業者としての経験があると通関士と自信満々に名乗ることができます。業界未経験で転職するなら、始めに通関士の資格と取得した方が近道でしょう。学生であれば、通関士の資格が良い武器になります。

no.2

国際貨物取扱士

主に空港で勤務する時に役立つ資格です。空港関連の貿易会社へ転職を考えているなら、持っていて損はしないでしょう。国家資格の一つなので通関士同様に転職や就職に有利に働きます。

no.3

貿易実務検定

自分が持つ貿易の知識の量を知るための検定で、三つのレベルがあります。C級は基本的な業務をこなせるかのレベルチェックの時に、B級は中堅レベルを対象にした検定です。A級は自分の判断で業務を遂行できるかどうかを見るものです。これがあると仕事ができるかどうかを判断する時に役立つ他、A級レベルなら即採用される可能性を秘めています。

no.4

英語検定

転職をする前にぜひ身に付けておきたいのが英語検定です。これは外国の取引先と不自由なくやり取りを行なう時に欠かせません。また、伝言を頼まれた時も英語が出来れば伝え漏れを防げます。英語が喋れるだけで使える人材だと判断されるので就職や転職に必ず貢献します。

no.5

銀行業務の検定

貿易の仕事に関わりがないように見えますが、外国人を相手に仕事をするなら外国為替の知識はないよりあった方がいいでしょう。この検定を受けていたことで、外国為替の事を深く理解できた事や仕事に役立ったなどの声が上がっています。

広告募集中