警備員と貿易どっちがいい?働く前に知りたい仕事内容

仕事を転々とする人が多い

今の職場に馴染めず、職を変える人もしますが決して悪いことではありません。もしかしたら、警備員のバイトや貿易事務の仕事が性に合っているなんてこともあるので、気になる仕事は挑戦した方が道は開けます。

新着情報

求人数が多い業種

求人情報誌や転職サイトでよく見かける業種は主にパソコンを使ったオフィスワークや飲食店、そして警備員と貿易関連などがあります。中でも貿易と警備員はとても人気がある求人ですが比較するとそれぞれ特徴が違います。

手軽に始めやすい仕事はどれ?

貿易

専門性が高く、英語や知識を兼ね揃えている人が多く働く場所です。その背景には、海外との取引が深く関係しており、貿易事務においては輸出と輸入の手続きを中心に行ないます。

警備員

1号警備、2号警備、3号警備、4号警備に分類されており、それぞれ仕事内容が違ってきます。1号と2号警備はスーパーや遊園地、駐車場など人や車が行き来するところに配置されますが、3.4号警備の場合お金や依頼された人物のボディーガードマンとして活躍します。

どのような仕事をしたいか固める

警備員のバイトや貿易会社への転職にしても、どう活躍したいかで選ぶ求人が違います。例えば、人のために働きたいなら警備員の4号を取得してもいいですし、事務の経験やスキルを磨きたいなら貿易が良いでしょう。どれも慣れるまで大変ですが、人生において良い経験となります。

仕事の探し方

仕事

ハローワークに行く

転職といえば頭に思い浮かぶのはハローワークです。無料で使えるのはもちろん、相談員が職探しのサポートを行うので、とても安心感があります。地元に特化した求人情報を多く扱っており、自宅に近い場所に働き先を見つけられるでしょう。ヒアリングを行うことでこの人に合うお仕事に何があるだろうかと考えてくれるので、それを頼りに人が集まってきます。

求人雑誌で探す

今ではコンビニやスーパーで見かけないことはない求人情報誌も警備員のバイト情報や転職先を見つける時に重宝されています。県外向けの情報誌もあるので将来は住んでいる町を出て好きな土地で働きたいという夢を叶えることができます。スマホやパソコンを使うといった面倒なこともなく、取ったその場から求人探しができる利便性があります。

転職サイトを利用する

貿易の場合は、転職専門のサイトが使いやすくて良いでしょう。大手企業で簡単な事務作業を行なうものから派遣社員から正社員になれる制度を設ける求人などいろいろあります。さらに派遣登録をすることで、貿易の仕事に役立つスキルや知識を身に付けることも可能です。サポート体制はハローワークより強化されているといえるでしょう。

紹介してもらうこともできる

友人や家族の知人に警備の仕事や貿易の仕事を紹介してもらうことも可能です。それができれば、面接無しで即働くことができます。交渉次第ではバイトから正社員になるのも夢ではないでしょう。伝手がないか、聞いてみるといいです。

[PR]

貿易に転職するならココ
初めての人でも簡単

携帯販売求人をいくつも紹介!
理想の職場を見つけよう☆

治験バイトで稼ごう♪
優良募集サイトをピックアップ中
広告募集中